脱毛に必要な基礎知識

主な脱毛の方法

主な脱毛方法は

ニードル脱毛(電気針脱毛)・レーザー脱毛・光脱毛(フラッシュ脱毛)の3つが今脱毛サロンやエステ、美容系クリニック皮膚科などで行われている脱毛ほうほうです。

光脱毛

一番人気の脱毛ほうほうで、近い光を当てて毛根組織を破壊して脱毛する方法です。レーザーほどの強さがないので、やけどなどの危険性が低いので、医療機関でないエステや脱毛サロンで施術がうけられます。痛みが少ないので主流になっています。レーザーより弱い光なので、完全に脱毛するまでは回数がかかりますが、1回の施術は短時間で、料金も安いです。

ニードル脱毛(電気針脱毛)

1本ずつ毛穴に針を刺して微弱な電気を流して毛根組織を破壊する方法で、痛みがかなりあるため、「脱毛=痛い」というイメージがつくられました。全身脱毛では、あまりやらなくなっている脱毛方法です。

レーザー脱毛

光脱毛より効果があるといわれていますが、痛みが結構あり麻酔をして行う場合もあります。医療機関でのみしか高出力のレーザーは使用できません>家庭用の脱毛器にもレーザー脱毛器がありますが、とても質力が低いので、あまり効果はないようです。

 

脱毛効果が一番高いのは?

一度しょりした ところからまず生えて来ないのは、ニードル脱毛です。ただしレーザーでも光脱毛でも繰り返し行えば、ほとんど生えて来なくなります。その場で1本づつ抜くので効果が目にみえるのでニードルははっきり分かりますが、抜けるころに、また別の休眠していた状態の毛穴から毛が生えて来るレーザーや光では、最初は薄くなったと感じられないという感じ方の違いもあるかもしれません。

福岡の医療脱毛おすすめはこちら

脱毛の知識記事一覧

ニードル脱毛確実性が高いので、しつこい毛であるひげの脱毛には今も主流で使われています。しかし、痛みが強いという事と、施術者の技量による差が大きいこと、1本ずつの処理になるので、時間と費用が高くなるので、それ以外の部分での脱毛ではほとんど使われなくなってきている脱毛方法です。レーザー脱毛熱で焼いて処理するため、ニードルとは違った痛みになりますが、結構痛いと思います。麻酔などをオプションで用意していま...

日焼けをしないレーザー脱毛、光脱毛の場合は、メラニンなど黒い色素に光があつまるので、日焼けしていると施術してもらえません。1ヶ月前ぐらいから日焼けしないように注意しておきましょう。肌トラブルを避ける虫刺されをかきむしったあと、傷、肌荒れ、アトピーなどで肌に症状がでている部分は施術できません。脱毛で悪化させてしまうためにできないので、注意しましょう。脱毛前の毛の処理光脱毛レーザー脱毛の場合は、剃った...

2つの光脱毛開発された会社によって、同じ光脱毛でも、違った名称がつかわれています。今多くの脱毛サロンで使われているのが、SSC脱毛、IPL脱毛の2つがあります。それ以外にも国産の光脱毛器もありますので、全てがこの2つではありません。どれにしても、点滅する光を照射して、毛根組織を破壊して脱毛する事には変わりがありません。大きな違いは、照射する光や、使用するジェルが違ったりします。S・S・C脱毛イタリ...