脱毛方法の種類

それぞれの脱毛方法のメリット

ニードル脱毛

確実性が高いので、しつこい毛であるひげの脱毛には今も主流で使われています。しかし、痛みが強いという事と、施術者の技量による差が大きいこと、1本ずつの処理になるので、時間と費用が高くなるので、それ以外の部分での脱毛ではほとんど使われなくなってきている脱毛方法です。

 

レーザー脱毛

熱で焼いて処理するため、ニードルとは違った痛みになりますが、結構痛いと思います。麻酔などをオプションで用意していますのでそれで痛みは軽減できます。肌を傷める危険性も高いので、医療好意となっていますので、美容系のクリニックなどで行われていますが、たいていの場合費用がけっう高くなってしまいます。

 

光脱毛、

レーザーと原理は同じですが、弱いので、ほとんど痛みがないといわれています。ただし、使う機械によって、痛みがほとんどないもの、少しあるものと違いがあります。照射範囲が広いため、短時間で広範囲が脱毛処理できるため、費用が安く、また施術者の技量の差が出にくいため、全身脱毛などでは特にミスとパフォーマンスが高く、現在の女性の脱毛の主流となっています。脱毛した部分からもまた生えて来ることが結構ありますが、何度も繰り返すことで、細く、はえにくくなっていきます。また、どんどん機器が進化していて、より高性能で、肌に安全で、効果が高く痛みも少ないものとなっています。

脱毛方法のメリット関連ページ

脱毛前の準備
脱毛の施術を受ける前の準備についてまとめています。前日までにやってはいけない事しておくべきこと名で
SSC脱毛・IPL脱毛
SSC脱毛、IPL脱毛の主な光脱毛の違いについてまとめています。この二つはジェルの使い方や痛みの違いなどもあります。